2010年06月09日

スラッシュ来日に思う

スラッシュ。
言わずと知れた元GUNS N` ROSESのリードギタリストです。
僕らガンズにやられた世代にとっては忘れられないギタリストです。
スラッシュとイジー・ストラドリンは世界一かっこいいツインギターでした。

ガンズアンドローゼズの1st「Appetite for distraction」で初めて聴いたスラッシュのギターは強烈なインパクトでした・・・
その当時まで隆盛を極めていたLAメタル勢のきらびやかで少しテクニカルなギターフレーズに比べて、どこか垢ぬけない野太い音、豪快でラフなフレーズ・・・まさに原始的なロックンロールの香り。
当時高校生だった僕のような野郎どもは魂を鷲掴みにされました。

そして何よりもスラッシュのギターの特徴、魅力はその「歌心」でした。
アクセル・ローズという稀有なエモーショナルなシンガーとタメを貼る2枚看板だったスラッシュのギターは感情をそのまま音に紡ぎ出しているようでした。
No1ヒットとなった「Sweet child O` Mine」の有名なギターソロからラストにかけてのフレーズはもちろんですが、アルバムラストの「Rocket Queen」はその最たるものでした。
今でもこの曲がスラッシュのベストプレイだったと思います。

近年アクセルが「スラッシュはかつて持っていたエッジをなくしてしまった」という趣旨の発言をしてスラッシュ批判をしてました。
アクセルとスラッシュが険悪になってガンズがバラバラになっていき、僕はどちらかと言うとスラッシュ派でした。
(アクセルに対しては「アクセルのわがままのせいでバンドがバラバラになった」と否定的な見方をしてました)
しかしアクセルの発言には否定できない部分ありました・・・

確かにスラッシュのVelvet RevolverでもR&Rセンス溢れるギターを聴かせてくれる曲もありました。
美しいフレーズも聴かせてくれました。
けど「Rocket Queen」ほどの感情がそのままフレーズになったようなギターはそれ以降はないように感じます。
あくまで個人的意見ですが・・・

スラッシュのソロアルバムが結構売れているようです。
多数のゲストシンガーを迎えて豪華な内容のようですが、イマイチ触手が伸びずまだ聴いてません・・・
一部ゲストの人選や「Paradice city」のリメイクをする行為に違和感を覚えるんです。
アクセルに否定的だった僕ですが、全てのオールドG N` Rファンに背を向けて我が道をいく「チャイニーズデモクラシー」を発表したアクセルに、先日のGUNS N` ROSES日本公演で突発的に「WHOLE LOTTA ROSIE」をやってしまったアクセルの方に、よりガンズアンドローゼズが持っていた音楽への誠実さを感じてしまいます・・・

とは言ったもののスラッシュのソロ、気になってます・・・
「Ghost」って曲、なかなかカッコイイんですよね!と思ったらイジーがギターで参加だ・・・
ワォexclamation×2

posted by そら at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

LED ZEPPELINそのA

レッドツェッぺリンでは、先日の「LED ZEPPELIN」と並んで僕のもう1つのお気に入りが「フィジカル・グラフィティ」です。
このアルバムの話をしたいがためだけに今日の話題はまたもレッドツェッぺリンです(笑)

2枚組の大作ですが、アルバムとしての統一感はほとんどありません。バラエティの富んだ曲群が無造作に突っ込まれたような印象。
同じ2枚組名作のくくりで言うと、全体をアメリカ南部の匂いで貫いたストーンズの「メインズトリートのならず者」よりは、ビートルズの「ホワイトアルバム」に近い性格を持っているかもしれません。
不思議な「統一感のなさ」。
だけど僕にとっては2でも4でもなく、このアルバムこそがZEP!という感じがします。

このアルバムはロバート・プラントのヴォーカルがいいです。
当時、喉の手術をした後だったとの事ですが、1st,2ndの頃に比べて若干声はしゃがれてますが、しなやかでソウルフルな歌です。
まず1曲目の「カスタード・パイ」がいいです!
意外とベタなブルース・ロックだけど僕はこの曲はツェッぺリンのナンバーの中でも1,2を争うくらいカッコイイと思います。


あと4曲目の「HOUSES OF THE HOLY」。タイトルからして前作のアウトテイクかな?とも思われますが、これがポップな名曲。
ジミーペイジの切れのいいリフに乗って、歌うロバートプラントのヴォーカルが実にしなやかでセクシー!見事です。


そしてこのアルバムの最大の目玉は「カシミール」ですよね!
僕の中ではこれこそがレッドツェッぺリンを象徴する怪物のような曲です・・・
何て説明すればいいんだろう、どこか不気味なような、オリエンタルなような、だけど何とも言えない高揚感!まるで飛行船ツェッぺリン号がゆっくりとその巨体を浮かび上がらせていくような。
まさに怪物的曲。


あ〜〜キリがないですねたらーっ(汗)
個人的にはこの他ではアコ―スティックジャムセッション風は「Boogie with Stu」〜「Black Country Woman」が大好きです。
ここでもロバートプラントの歌が素晴らしい!

ロックという音楽が持ってた訳のわからないパワー、凄さ、カッコよさはこのアルバムに全て詰まってますexclamation×2



posted by そら at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

LED ZEPPELIN

レッドツェッぺリン、今さら説明不要のバンドですね。
ロック史上最大の怪物バンド、伝説と言っていいでしょう。
あのビートルズの「アビーロード」をチャート1位から蹴落としたバンド・・・!
言うまでもなくそのビートルズ、ストーンズなんかと並んでポピュラー音楽史上で最も重要なバンドの1つです。

ツェッぺリンのアルバムと言えば2枚目か4枚目がメジャーで、代表作と言えるでしょう。
2枚目には「WHOLE LOTTA LOVE」、4枚目には「BLACK DOG」「ROCK AND ROLL」と言った、いわゆる「元祖ハードロックバンド」イメージを象徴するような代表曲が収録されてるし。
4枚目には、カラヤンも絶賛したあの「天国の階段」が収録されてます。
(この曲はLED ZEPPELINというバンドそのものの象徴と見られていますね。)

僕が初めてツェッぺリンを聴いたのは中学1年の時、1stアルバム「LED ZEPPELIN」のレコード(!)を買って聴きました。言うまでもなくリアルタイムではないですよ。
当時ベンチャーズに夢中だった友達と二人で期待に胸を躍らせながら針を落とした第一印象は・・・

「くどい」「気持ち悪い」

中学生の僕らは、ロバート・プラントが「アーウーアーウー」言うのとか、やたら1曲の中でのインストパートが長いのが聴いてて気分が悪くなってました(苦笑)
それまでベンチャーズ以外ではポップスしか聴いた事なかったからかもしれませんね。
当時はブルースの「YOU SHOOK ME」とか理解出来なくて・・・たらーっ(汗)

でも今ちなってはこの「LED ZEPPELIN」はツェッぺリンの全アルバムの中でも1、2を争うくらいに好きです。
2枚目や4枚目を初めて聴いた時ほどの即効性はなかったんですが、今聴くとツェッぺリンというバンドの「怪物感」は1stが一番感じられるんじゃないでしょうか?





前述の「YOU SHOOK ME」とかのブルースナンバーをこんな解釈したの恐らくZEPが最初なんじゃないですかね?今となっては珍しくないかもしれないけど、変態的と言ってもいい(笑)少なくとも同じくブルース畑から出てきたストーンズは絶対こんなアレンジはしなかった。

同じくブルースナンバーの「HOW MANY MORE TIMES」はもっとすごい。
何でしょうか、このリフ!!
ブルースナンバーというイメージがカケラもありません!
ものすご破壊力・・・
僕はこの曲は一番おススメです。


しかし、全編通してとんでもない演奏のダイナミズム!
もっと凄いのがその演奏に負けてないロバートプラントexclamation×2
ジミーペイジもロバートプラントを見つけた段階ですでに勝ちだったんでしょうね。
でも、このバンドは4人が4人とも凄い!
ハッキリ言って奇跡の組み合わせ。

ちなみにオープニングの「GOOD TIMES BAD TIMES」は、あの沢尻エリカ様も話題の高城さんと観に行った先般の再結成ライヴでもオープニングを飾りました。割とコンパクトにまとまってますがカッコよい曲です。
イントロからジョンボーナムのドラムが凄いです。
posted by そら at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。