2010年05月05日

RATT

RATT・・・ラット・・・
懐かしい響きだ(笑)

本当は次の音楽ネタはレッド・ツェッぺリンの話をしたかったんですが、先日フッとこの「ラット」の名をネット上で見つけてしまったたらーっ(汗)

ラットは以前に書いたモトリー・クルーなんかと同時期にLAメタルの代表格として音楽シーンを賑わせたバンドです。
僕の印象では当時はモトリークルーより人気があったような気がします。音楽誌でもLAメタルシーンのトップとしての扱いだったし。

当の本人達は「LAメタル」の呼称、カテゴライズを嫌っていたみたいで当時から自分たちの音楽を「ラットンロール」って呼んでました(笑)
要は「ラット流のロックンロールだ!」って事ですね。
その音楽はLA、カリフォルニアの空のようにカラッと。
開放的でノリのいいロックンロール。確かに決してメタルではなかった
ですね。

スティーブン・パーシーのヴォーカルが個性的で、その印象が強かったせいか、「どの曲も同じに聴こえる」「ワンパターン」と揶揄する声もあったと記憶してます。

僕は「ダンシング・アンダーカヴァー」というアルバムを持ってました。
これはカッコよかったなあ。当時は毎日こればっか聴いてた。
「この1曲!」って目玉があるんじゃなくてアルバム全体で疾走感を表現した1つの作品。
曲間を極端に短くしてるのもその狙いのため。
確かに似たような曲多い気するけど(笑)繰り返し聴けば聴くほど癖になる、まさにスルメ!


この後ガンズアンドローゼズの登場で、いわゆるグラマラスなLAメタルのムーヴメントは衰退して世間はもっとベタなロックンロール1色になっていくんですが、モトリークルーは器用に時代に対応してさらにビッグになったのに対してラットは苦しかった・・・ふらふら
「ワンパターン」脱却を目指したもののパッとせずバッド(下向き矢印)
でもブルージー色を強くした「WAY COOL JR」はカッコよかった!
エアロスミスみたいで。


けど、その後だんだん尻すぼみになってラットの名前は聞かなくなりました。
風のウワサでギタリストのロビン・クロスビーがエイズで死んだってニュースが入ってきたくらい。
モトリークルーとは対照的に完全に「あの人は今?」状態でした。

しかし・・・
何とニューアルバムがかなり評判がいいんです。
予想外の出来のよさでビックリしてる人も多い。
リードシングル「BEST OF ME」もいい出来でセールスも好調。
何が変わったかと言うと

何も変わってないんです(笑)


結局あの「ワンパターン」と言われた「ラットンロール」。
でもこれがいいんだな。
継続は力なり、か!
自分が好きなもの、信じた道を周囲に何と言われても突き進む事って難しいですよね。
迷ってふらつくのが人生の常。
それで上手くいく時もあります。(モトリークルーは変化に成功したしね)
だけど、行き詰ったら開き直って自分の得意な事を信じて堂々とやる事で人生が切り開ける事もあるんじゃないでしょうか・・・

そんな風に思ったRATTの完全復活でしたわーい(嬉しい顔)









posted by そら at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/148835808

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。