2010年04月17日

ローリングストーンズB

ローリングストーンズで3日目になってしまった・・・たらーっ(汗)
今日で最後しますたらーっ(汗)

ストーンズはザックリとギタリストがブライアン・ジョーンズ時代とミックテイラー時代とロン・ウッド時代(現在に至る)に分かれて語られます。
本当大まかに言うと

・ブライアン・ジョーンズ時代・・・マージービート、ブルース、R&B色強い。けどコンパクトでポップ。
おススメ曲:「Under My Thumb」「Paint It Black」「Little Red Looster」などなど・・・

・ミック・テイラー時代・・・現在のロックバンドのプロトタイプ的スタイル。ハードロックにも通じる部分あり。ギターの絡みが完成される。
おススメ曲:「Bitch」「Tumbling Dice」「Ifyou really want to be my friend」他にもいっぱい・・・

・ロン・ウッド時代・・・ちょいファンキー。円熟の世界。似たような印象のギターの絡みが味。
おススメ曲:「Beast of burden」「Respectable」「Love is strong」書ききれません・・・


それぞれ魅力がありますが僕が一番好きなのはやっぱりミックテイラー時代でしょうか・・・
実際にストーンズの黄金時代と言えば68年から70年代中盤までと言う声も多いです。
特に「ベガーズ・バンケット」「レットイットブリード」「スティッキーフィンガーズ」「メインストリートのならず者」と続いた4作品の頃は無敵、まさに「史上最高のロックンロールバンド」だったんでしょうね!





この時期はキースリチャーズが完全にリズムギターに徹してリードはミックテイラーが弾きまくってるんで、古株ストーンズファンの方には複雑みたいですが、ミックテイラーって素晴らしいギタリストですよ。
特にスローやミドルで泣けるソロを弾きますもうやだ〜(悲しい顔)

ストーンズのこの1曲って言えばもちろん「ブラウンシュガー」やジャンピン・ジャック・フラッシュ」や「ホンキートンクウィメン」を挙げる人、多いと思います。ハイ、僕も大好きですわーい(嬉しい顔)

けどミックテイラーの話が出たんで、ストーンズファンの間ではあまり評価されていない地味な曲を1つおススメします。
「Ifyou really want to be my friend」。
ミックテイラーのギターソロがサイコーに泣けます。
あとミックジャガーのヴォーカルも歌詞も・・・もうやだ〜(悲しい顔)









posted by そら at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146822528

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。