2010年02月06日

朝青龍引退とサブちゃん

朝青龍が引退を表明しました。
例の暴行事件の責任をとった格好です。

力士しかも現役の横綱が一般人に暴行してケガさせたのだから完全に非は朝青龍にあるし何らかの形で責任はとるべきだとは思います。
ただ今回の結末にややスッキリしないのは僕だけでしょうか・・・?

僕は大相撲通でも朝青龍ファンでもありません。
それでも朝青龍がモンゴル出身で一時期ただ一人の横綱として角界を支えてきた事実は知っています。
歴史と伝統を重んじる角界の頂点にたった一人で君臨するのは大変だと思います。
まして外国人となるといろんな意味での重圧があるのは間違いないですよね。
そんな中で朝青龍は悲愴感とか全く感じられないくらいに憎らしいほどの強いし、モンゴル帰省サッカー事件や内館牧子さんとの場外バトル(?)でワイドショーを賑わせて世間の良識派を気取る某漫画家を怒らせたりして漫画の「ああ播磨灘」を思わせるヒール横綱でした。
そういう意味では本当に強い人なんだと思います。
その一方で天敵の内館牧子さんにたまに見せる笑顔とか見るとどこか憎めないですよね。

今回の引退のニュースを受けて同郷の横綱 白鵬とか石川遼くんとかから惜しむ声が出ています。
そんな中で個人的に印象的だったのがサブちゃんこと北島三郎さんのコメント。
「僕は彼の人間性が好き。相撲を一生懸命取っていたでしょ。私らの世界もそうだけど自分の戦場で一生懸命やることが大事なんだ。実際、横綱としての功績は立派だ」
(@niftyニュース スポニチより抜粋)

いらんな意味でアウトローに理解あり(笑)情の深いサブちゃんらしい、いいコメントでした。

でも何でテレビは被害者の人物像をあまり詳しく取り上げないんでしょうか?
何で被害者は示談に応じたんでしょうか?
被害者と朝青龍の間に何があったんでしょうか?
そこが事件の闇な気がします・・・


【朝青龍の最新記事】
posted by そら at 14:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 朝青龍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。