2010年05月09日

LED ZEPPELIN

レッドツェッぺリン、今さら説明不要のバンドですね。
ロック史上最大の怪物バンド、伝説と言っていいでしょう。
あのビートルズの「アビーロード」をチャート1位から蹴落としたバンド・・・!
言うまでもなくそのビートルズ、ストーンズなんかと並んでポピュラー音楽史上で最も重要なバンドの1つです。

ツェッぺリンのアルバムと言えば2枚目か4枚目がメジャーで、代表作と言えるでしょう。
2枚目には「WHOLE LOTTA LOVE」、4枚目には「BLACK DOG」「ROCK AND ROLL」と言った、いわゆる「元祖ハードロックバンド」イメージを象徴するような代表曲が収録されてるし。
4枚目には、カラヤンも絶賛したあの「天国の階段」が収録されてます。
(この曲はLED ZEPPELINというバンドそのものの象徴と見られていますね。)

僕が初めてツェッぺリンを聴いたのは中学1年の時、1stアルバム「LED ZEPPELIN」のレコード(!)を買って聴きました。言うまでもなくリアルタイムではないですよ。
当時ベンチャーズに夢中だった友達と二人で期待に胸を躍らせながら針を落とした第一印象は・・・

「くどい」「気持ち悪い」

中学生の僕らは、ロバート・プラントが「アーウーアーウー」言うのとか、やたら1曲の中でのインストパートが長いのが聴いてて気分が悪くなってました(苦笑)
それまでベンチャーズ以外ではポップスしか聴いた事なかったからかもしれませんね。
当時はブルースの「YOU SHOOK ME」とか理解出来なくて・・・たらーっ(汗)

でも今ちなってはこの「LED ZEPPELIN」はツェッぺリンの全アルバムの中でも1、2を争うくらいに好きです。
2枚目や4枚目を初めて聴いた時ほどの即効性はなかったんですが、今聴くとツェッぺリンというバンドの「怪物感」は1stが一番感じられるんじゃないでしょうか?





前述の「YOU SHOOK ME」とかのブルースナンバーをこんな解釈したの恐らくZEPが最初なんじゃないですかね?今となっては珍しくないかもしれないけど、変態的と言ってもいい(笑)少なくとも同じくブルース畑から出てきたストーンズは絶対こんなアレンジはしなかった。

同じくブルースナンバーの「HOW MANY MORE TIMES」はもっとすごい。
何でしょうか、このリフ!!
ブルースナンバーというイメージがカケラもありません!
ものすご破壊力・・・
僕はこの曲は一番おススメです。


しかし、全編通してとんでもない演奏のダイナミズム!
もっと凄いのがその演奏に負けてないロバートプラントexclamation×2
ジミーペイジもロバートプラントを見つけた段階ですでに勝ちだったんでしょうね。
でも、このバンドは4人が4人とも凄い!
ハッキリ言って奇跡の組み合わせ。

ちなみにオープニングの「GOOD TIMES BAD TIMES」は、あの沢尻エリカ様も話題の高城さんと観に行った先般の再結成ライヴでもオープニングを飾りました。割とコンパクトにまとまってますがカッコよい曲です。
イントロからジョンボーナムのドラムが凄いです。
posted by そら at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。