2010年04月09日

ボス!ブルース・スプリングスティーン

こないだから80年代音楽について僕の音楽嗜好変遷について書いてますが、カルチャー・クラブ、ワムと来て何故かいきなり

ボスことブルース・スプリングスティーン
です。
いきなりR&B風ポップスから肉体労働者風ロックンロールたらーっ(汗)

この年代なので当然ファースト・コンタクトは「BORN IN THE USA」でした。
シングルの「ダンシング・イン・ザ・ダーク」が好きだったもので。
この曲っていかにもMTV時代の曲ですね。
すごくポップ。シンセサイザーの音も軽やか。
今聴くとあまり趣味じゃなかったりします。
でもボスのヴォーカルは熱い!

「BORN IN THE USA」ってアルバムも曲によって個人的にはオーバープロデュースに感じるんですが(特にあまりにも有名なタイトル曲が・・・)スプリングスティーンの熱い歌声だけで最後まで聴かせます。
「WE ARE THE WORLD」でも一番目立ってましたわーい(嬉しい顔)


「BORN IN THE USA」で僕が好きなのは3曲目の「ダーリントン・カウンティ」、シンプルないかにもアメリカンなロックンロール、「しゃらら〜」ってコーラスも楽しいわーい(嬉しい顔)


7曲目「ノー・サレンダー」8曲目の「ボビー・ジーン」の流れも最強です。この2曲は好きな人も多い代表曲ですね。これまた2曲ともシンプルなロックンロールなんですが、メロディが切なくてよいです。





上の3曲は「シンプルなロックンロール」って事だけじゃなくてもう1点大きな共通点が。
それは歌詞がいいって事!
ちなみに3曲ともユーモラスだったり切なかったりする男の友情からみのストーリーです。

この3曲に限らずスプリングスティーンは詞がすごくいいです。
僕は日本語は得意だけど英語はイマイチなので和訳を見るんですが(笑)
それでも充分グッとくる詞です。
つまりは素晴らしいストーリーテラーだって事。
デビュー当時はボブ・ディランを引き合いに出されてたってのもうなづける話です。

あとスプリングスティーンと言えばライヴです。Eストリートバンドとの組み合わせのライヴの素晴らしさは語り草ですよね。

基本的にこの人の魅力は、ディランみたいな鋭い視点を持つ一方で、お母さんが作家にさせたがった影響か(笑)1本の映画のようなストーリーを切り取る素晴らしい作詞家であると同時にそれを伝えるあの熱い歌声でしょう。
それはライヴで映える映える。

だからスプリングスティーンを聴くなら伝説の3枚組ライヴが一番だと思います。
代表曲含めて人気曲は完全に網羅されているし、曲間のMCもよし。(なぜかこのCDでは親父と自分の関係をやたら語る)
是非歌詞対訳をチェックしてください。

ちなみに曲では「キャデラックランチ」「独立の日」「ジャージーガール」が超おススメですわーい(嬉しい顔)




posted by そら at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。