2010年04月17日

ローリングストーンズA

あまり長々と書かないつもりが二日目ですたらーっ(汗)

僕がローリングストーンズのカッコよさを実質的に感じたのはラジオでした。
確か渋谷陽一さんの番組のローリングストーンズ特集で「悪魔を憐れむ歌」や「スタート・ミー・アップ」など2時間流れたのをエアチェックしました。(エアチェックって言葉が懐かしいですねたらーっ(汗)
その中で強烈なインパクトだったのが

「ブラウンシュガー」

それまで聴いた事ない高揚感の音楽でした・・・
どこか素っ頓狂なイントロから始まる最高にクールなギターリフ、コードを鳴らすだけでこんなにカッコいいなんて!
曲が進むにつれて帯びてくる妙な熱気、それはボビー・キーズのサックス・ソロからさらに爆発します。
おそらく史上最高にロケンローなサックスのラインのバックで執拗に鳴り響くキース・リチャーズのリフ・・・!このカッコよさは理屈じゃない・・・言葉が見つかりません。
その勢いのまんまでなだれ込む終盤、ミックジャガーとキースリチャーズのハモッてんだかハモッてないんだかわからないコーラス、鳴り響くマラカスにサックス・・・
何かに取りつかれたような熱気、グルーヴに飲み込まれて曲は終了します・・・

「悪魔を憐れむ歌」といい「ギミーシェルター」といい、ストーンズは中盤から後半に向けて異様な熱気、グルーヴをおびていく曲が多いです。そのあたりは確かに黒魔術的なのかも(笑)
「ホンキートンクウィメン」なんか後半は明らかにビートが変わってます。(チャーリー・ワッツのドラムが早くなってるわーい(嬉しい顔)

もう一方でストーンズの魅力は「コク」です。
「ダイスをころがせ」は大好きです!
何だろ?このユッタリした曲のカッコよさは。
男なら誰でも味わうだろう敗北感や挫折感、劣等感を包み込んで肩を叩いて黙って横にいてくれるようなグルーヴ。
「ビーストオブバーデン」もそうですね。

極端な言い方かもしれませんが、ストーンズの魅力は、イキがりも無器用さもひっくるめての男っぽさ、少年性なんじゃないでしょうか?
だから男は挫折や屈辱を感じた時にストーンズの音楽に救われる・・・(女の人だってそうでしょうがたらーっ(汗)

その大きな要素はやっぱりミック・ジャガーのヴォーカルなんじゃないでしょうか?
ミックジャガーかキースリチャーズかと聞かれれば日本のストーンズファンのほとんどがそうであるように僕もキース派です。
この世で最もリスペクトするのはキースと言ってもいいくらいです。

だけどミック・ジャガー、特に70年代前半〜中盤のミックの歌唱こそがストーンズの魅力を体現してたように思います。

その頃は決して器用なシンガーではなかったけれど、曲の中盤〜後半でフェイクやテクニックを使わず絞り出すように文字通りシャウトするヴォーカルには理屈じゃなく魂をつかれます・・・
(最近は年齢のせいでそうもいかないみたいですがたらーっ(汗)


そんな僕が初めてストーンズの歴史を遡り始めたのは高校の時、友達からもらった「ブラック&ブルー」でした。
これが地味だけどいいアルバムなんだ・・・!

「ホットスタッフ」はちょっとエアロスミスの「ウォーク・ディス・ウェイ」みたいだけどもっとズップリしたファンク。
「チェリー・オー・ベイビー」は重心の低い、キース色が強いのかな?なレゲエナンバー。ラストの「クレイジーママ」は隠れた名曲、リフが強烈」なロックンロール。
けど、やっぱこのアルバムの目玉は2曲のバラード、「メモリー・モーテル」「愚か者の涙」だと思います・・・






いずれもミックのヴォーカルは、すさまじいくらいの熱さです!

しまった、また書ききれなかった・・・ふらふら
また明日ですたらーっ(汗)


posted by そら at 01:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

ローリングストーンズ@

しばらく80年代音楽について書きましたが、ここでローリングストーンズです!
なぜなら初めてラジオで聴いたのがこの時期だから。
それ以来、ローリングストーンズは僕の中で特別の存在です。

ファンとか好きとか言うより、僕の中で永遠のスタンダードです。
たくさんのミュージシャン、バンドを聴いてきましたが、無意識に「ストーンズっぽい要素の有無」を探しててそれが濃ければ濃いほど好きになる。
ある意味、僕の中のモノサシですたらーっ(汗)

「史上最高のロックンロールバンド」の呼び声通り、ストーンズは言わずと知れた世界中のロックバンドの最高峰のスーパースター、メジャー中のメジャーなので、今さらアレコレ書くのは控えます。
ハンパな知識をひけらかすのはストーンズファンの先輩方に怒られるかもしれないんで(笑)
(実際、日本には気合いの入ったリアルタイムのストーンズファンの方が多いと思います。)

実は僕はストーンズ本家より先にミックジャガーの初ソロアルバム「SHE'S THE BOSS」を聴きました。
はい、この前厄の僕ですら完全な後追い世代です。

ミックのソロだけでも当時の僕には充分に刺激的でした。リードシングルの「JUST ANOTHER NIGHT」とかカッコよかったな〜

その後あのライヴエイドでミックジャガーはデヴィッドボウイとの共演シングル「DANCING IN THE STREET」のプロモビデオを発表、これまたカッコよかった!



ライヴエイドでのライヴ本番(おかしな言い方だなたらーっ(汗))ではアメリカでのトリ前にミックジャガーが出てきてティナターナーと共演したり派手なステージが圧巻でした。



その直後の大トリがボブ・ディランだったんですが、サイドに従えてたのは何とキース・リチャーズとロン・ウッド!
ミックジャガーのステージとは対照的に緞帳の前におっさん3人でアコギのみのワビサビを通り越したステージが印象的でした。



数年後、ストーンズが「DIRTY WORKS」で活動再開、ファーストシングルの「ハーレム・シャッフル」にしびれたのが、ストーンズ道の本格的に踏み入れたキッカケだったのかも。



この「DIRTY WORKS」ってアルバム、世間的にあまり評価高くないけど僕は大好きですわーい(嬉しい顔)
ルーズでラフなギターの絡みがサイコーにクール!
まあ、曲の出来もルーズでラフだから人によっては「デモテープ集」とも言うけど、僕はそこが大好きです。
作りこんでない生々しさがロケンロー!


しまった!アレコレ書かないつもりが、もうこんなに書いてしまったたらーっ(汗)
続きは明日・・・
posted by そら at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

腰が痛い・・・

最近腰が痛いです・・・ふらふら

先々週の金曜に会社で営業車のタイヤ交換してからやや痛くなって湿布を貼って治まったんですが・・・
昨日また会社で午前中いっぱい立ちっぱなしだったせいかまた痛み出しましたふらふら
最近寒くなったり暖かくなったり温度差が激しいからでしょうか?

どっちにしろ去年までは急に寒くなろうがタイヤ交換しようが少しくらい立ちっぱなしだろうが腰が痛くなる事はなかったのにたらーっ(汗)

やっぱり前厄だからでしょうか?
聞くところによると30才、40才って体が衰えていく1つの境目でいろいろあるらしい。
毎朝犬の散歩したり、毎週ジムに行ったりしてても歳には逆らえないのだろうか・・・たらーっ(汗)
いやだ〜〜〜〜もうやだ〜(悲しい顔)

しかし・・・
おっさん臭いのは嫌だけど無理に若作りしたりするのはもっと嫌です。
歳相応に「やや若さ」をキープしたいもんです。

ところで腰痛や体や顔の疲れは冷えからくる血行不良が起因するらしいです。
体が冷えると自己免疫力も落ちるし、肌荒れやクマの原因にもなります。
だから温泉やサウナなどの温熱療法が有効なわけです。

で、ネットで見つけたのがさくらんぼの種の温冷パッド

さくらんぼの種は周りが硬い殻で覆われ、中に芽を出す胚があるんですが乾燥させることで中心部が中空になっています。
さくらんぼの殻は天然の断熱材となるので種を暖めるとじっくりと温まり、中の空間に熱を閉じ込めます。
逆に種を冷やすと、じっくりと冷えて中の空間に冷気を閉じ込めます。

このため、プラスチックのパイプ枕やそば殻枕と同じただごろごろするだけの種だと思っていたら、じっくりと放熱・放冷する温あんか、冷まくらと似た働きをするらしいです。

このさくらんぼの種の温冷パッドの使い方は簡単で、暖める場合は、三つ折にして皿の上にのせ、電子レンジで1分程度チンするだけ。
種は天然成分なので、中の水分が振動してすぐに暖まります。

さくらんぼの種の温冷パッド【小野洋らん果樹園】


当然冷蔵庫で冷やせばアイスノンと同じ効果が期待できますね。

さくらんぼの種はとがった部分がないまん丸なので、さくらんぼの種の温冷パッドを腰や頭にあて、寝転んでマッサージ器がわりに使っているユーザーも多いそうです。

暖めながらマッサージもできるのがいいですね。
1日1回腰にあてれば腰痛予防になるし。

ああ、早く腰痛から解放されたい・・・






posted by そら at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。