2010年03月28日

フェンダージャパンの15Wアンプ SDR15CE

今日はフェンダージャパンのストラト弾きました。
最近リハビリでギター弾く時はフェンダーの15Wの小さいアンプに直結のみです。
最近は歪み抑えめの音色がお気に入り。歳のせいかたらーっ(汗)
ストラトで歪みを極力抑えたクリーントーン、気分だけはクラプトン。デレク・アンド・ザ・ドミノスの「I LOOKED AWAY」を弾いてみます。う〜ん、枯れたトーンが・・・って自分の演奏技術も枯れてましたふらふら

気分を変えようとゲインをグワッと7ぐらいまで上げてパワーコードをかき鳴らします。まるで中学1年生のようです(笑)
しかしやっぱ歪みってのはエレキギターの醍醐味の一つではありますね。サスティンも伸びるし単純に鳴らしてて気持ちいい(笑)
歪ませるとパワーコードもいいですが、シングルノートのフレーズも気持ちいいですよね。今度は懐かしやガンズアンドローゼズ時代のスラッシュ気分で「ゴッドファーザー愛のテーマ」を・・・続いてイーグルスの「ホテル・カリフォルニア」のソロを・・・
ここで気づいたんですが、度を越した歪みとサスティンはフレーズによっては邪魔でしかないですねたらーっ(汗)
まるで中学1年生のようです(笑)

しかしウチで使ってるのはフェンダージャパンのSDR15CEって小型アンプで付き合いも長いですが、今思えば値段の割にはなかなかのスグレモノな気がします。

※コレです↓



このサイズなんで家弾き練習用だと思うんですが、音量は充分すぎるほど。ってか家弾きにはデカすぎるくらい鳴ります(笑)
しかもゲインがかなり効くんでコレ1台でエフェクターいらず。
ゲインを5以上まで上げたらかなり歪みます。歪み方もヴィンテージのマーシャルアンプ風な箱鳴り感・音圧があって気持ちいいですわーい(嬉しい顔)ゲイン1くらいでのクリーントーンも安っぽいチャチな音じゃなくて渋くて枯れた感じの乾いた音が出せます。
そう言えば数年前までバンドの曲を自作してた時に当時のMTR(懐かしい・・・)で多重録音してたんですが、ギター録る時にエフェクターは使わずにこのアンプだけで音色使い分けてたなぁ。当時は面倒だからそうしてたんだけど、ちゃんといい感じの音に録れてましたわーい(嬉しい顔)

人それぞれツボっていうか好みの歪み具合ってあると思うんですが、僕はこのフェンダージャパンのアンプでは2〜2.5くらいのクランチっぽい程度が好みです。
レスポールやカジノではそれくらいがベストなんですけどストラトの場合が3くらいになります。ギターそのものが違うから当たり前ですが音も違うし、面白いですわーい(嬉しい顔)
だからギターって何本もほしくなるんだよなたらーっ(汗)

なんか今日はギターよりウチのアンプの話になっちゃいましたたらーっ(汗)
posted by そら at 17:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。