2010年03月31日

アトピー対策には天然成分のローションを!

アトピー対策と言えばステロイド剤が処方されるケース多いですよね。

ステロイド剤は強い薬で即効性があるので短期間の利用で効果が出るケース多いですが、リバウンド炎症が出るケースもとても多いんです。

で、またステロイド軟膏を塗るんですが、ステロイドは副作用も強い薬なんでシミやクスミが出来たりステロイド皮膚炎を再発して余計にひどくなってしまう事も少なくありません・・・

ステロイドの副作用についてはいろいろな所で語られているのでご存じの方も多いと思います。
薬が強すぎて皮膚が薄くなって他の病気に感染する可能性も高くなってしまいます・・・

アトピー、乾燥肌などの対策にはオーガニックなものを使った方が安全なのは間違いありません。

【PULLME ミルキーローション】

開発者自身がお子さんのアトピーで悩んだお母さんなので赤ちゃんにも使える複合天然エキス配合のローションです。
成分、効果、ユーザーの声など詳細はリンクをご確認ください。

http://j.mp/asebNU

返金保証つきなので試してみる価値アリですよ。

posted by そら at 21:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

カルチャークラブ・・・!

この前ポール・ウェラーの事書いた時にスタイル・カウンシルについても熱く語ったんですが、そうです、僕の音楽原体験と言えるのは80年代前半でした。
この当時はイギリスのバンドが世界の音楽シーンを席巻して60年代以来の第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンとも呼ばれてた時代です。
当時、中学生だった僕は洋楽を聴くのがオシャレで大人だとの思い込みからラジオにかじりついてエアチェック(懐かしい言葉)しまくり、ハマっていったのでした(笑)
デュラン・デュラン、カジャグーグー、スパンダーバレエにユーりズミックス、トンプソンツインズ、ワム、などなど沢山のバンド、ヒット曲がありました。
そんな中でも僕が一番好きだったのは・・・

カルチャー・クラブ・・・!

このブログでも過去にエアロスミスやAC/DCやガンズについて熱く語って置きながら音楽原体験は

カルチャー・クラブ!

もはや知らない人も多いかもしれませんたらーっ(汗)

当時はデュラン・デュランと人気を二分してた記憶があります。
しかしデュラン・デュランが正統派イケメン5人組のわりと真っ当なロックバンドだったのに対して、カルチャー・クラブは人種もバラバラな4人組なんですが何より強烈だったのがボーカルのボーイ・ジョージのヴィジュアル。
今となってはそんなに珍しくはないですがボーイ・ジョージは女装と派手なメイクがトレードマークだったんです。

だもんで、当時中学生男子の僕はなかなか人前で「カルチャー・クラブが好きだ」とは言えなかったもんです(笑)

そんな一歩間違えればキワモノのミーハーバンド扱いのカルチャー・クラブですが、音楽的にはかなりの実力派でした・・・!
僕の音楽原体験とも言えるカルチャー・クラブの2ND「COLOUR BY NUMBERS」は今聴いても名盤だと思います。

オープニングの「カーマは気まぐれ」は誰もが1度は聴いた事あるんじゃないでしょうか?この曲は改めて聴くとカントリーテイストがいい味出してます。
けどアルバム全編に流れるのは確かなブラック・ミュージックのフィーリング!
特にボーイ・ジョージの歌は今聴いても黒い!!ヴィジュアルが強烈すぎてミュージシャン、シンガーとしての実力を軽視されてた気がしますがとにかく上手い。
で、そのボーイ・ジョージのヴィジュアルのせいでもっと軽視されてた感のある他のメンバーの存在ですが、これまた上手い!!特にベースが黒い!(ってベースのマイキー・クレイグは黒人ですが)
ギターとの絡みがファンキーな曲もあり、ベースラインが歌ってるスローナンバーあり、何気に上手いバンドです。
あと特筆ものが当時のバックヴォーカルのヘレン・テリーが素晴らしい!ゴスペルの影響濃い迫力の歌声とボーイ・ジョージの絡は単純にカッコよいですよわーい(嬉しい顔)

その後は人気は失速してボーイ・ジョージがクスリで捕まったりで解散状態になっていくわけですが、今聴くとその後もいい曲が多いです。
心が温かくなるような、いいメロディを書くバンドなんですよね・・・

例えばこの曲、オリジナルアルバム未収録なんですがホントいい曲です・・・↓


この曲もシングルじゃないんですが心が洗われるような曲です。



これも素晴らしいメロディ!何ていい曲なんだろう



カルチャークラブは逮捕やスキャンダルでどんどん失速して今は解散してしまってるようです・・・
これらの素晴らしい音楽を自ら汚してしまうような終わり方だったのが残念です。

だけど改めて聴くと決してキワモノではなく、本当にいい曲を書いて本当にいい演奏をする、本当にいいバンドでした!
聴いた事がない人は名盤「COLOUR BY NUMBERS」かベスト盤でカルチャー・クラブを1度聴いてみてください・・・!

名作2ND!


ベスト!




posted by そら at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

BOSS ブルースドライヴァー BD2

昨日アンプについて書いたらその勢いで機材について書きたくなりました。
というわけで今日はエフェクターネタです。

僕が初めて買ったのは、今となってはどこのメーカーかもわからない、2000円くらいのオーバードライヴ。(なんか緑色だった記憶が・・・)
2階に練習用スタジオがある楽器屋さんで練習休憩中に買いました。値段の割にはいい音だった気がしてます。

当時のスタジオに置いてあったアンプはローランドのジャズコーラス。ジャズコーラスってクリーントーンはいいけどあんまり歪まないんですよね。「ディストーション」ってツマミがあるんだけど目いっぱい回してもあんまり歪まないたらーっ(汗)
だからその緑色の2000円オーバードライヴは重宝しましたわーい(嬉しい顔)

けどやっぱり2000円、2週間ほどでウンともスンとも言わなくなりましたふらふら

1回慣れちゃうと歪み系エフェクターなしでは物足りない・・・
で、「やっぱりちゃんとしたメーカーものじゃないとアカン」といくつか試してきました。
歪み系と言ってもオーバードライヴ、ディストーション、ファズまでありますよね。
そのうちファズはあまりにも使いまわしが効かなそうで試さず。
ディストーション系を試してみましたが少し僕には音が固い気が・・・これは好みの問題ですねたらーっ(汗)
僕はオーバードライヴ系の歪みの方が好みみたいです。

で、見つけたのがコレです



BOSSの「ブルースドライヴァー」BD2です。
これ、かなりいいですよ!
13年くらいの付き合いかな?
これに出会ってからは歪み系は気づいたらコレ1本です。
って言うほど最近ギター弾いてないですがねたらーっ(汗)
結構古いモデルのはずだけど今もBOSSの現行ラインアップにある定番機でプロでも愛好者多いらしいです。

「ブルースドライヴァー」ってネーミングに「かっちょえ〜」と惹かれて買いましたが、そんなに「ブルースだぜ!」って感じでもないです。
(もちろんブルースにも合いますよ)
わりとチューブアンプの歪みっぽい音が出せます。特にゲインを高めにした時のサスティンの音量の下がり方がちょうどいい!

少し粘っこくてマイルドな歪みと言えばいいんでしょうか・・・
音が暴れ過ぎないんです。
力強く弾いたり、そっと弾いたりするとそのニュアンスがちゃんと出る。
その辺が「ブルースドライヴァー」なんでしょうか。
でもロックにも非常に相性いいと思いますわーい(嬉しい顔)

コレについては本当にいい買い物だったと絶賛します。
壊れないしね(笑)さすがBOSS!
そのBOSSの中でも名器と言えるんじゃないでしょうか?


posted by そら at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。