2010年02月26日

エアロスミス騒動記

エアロスミスのお家騒動が収まったみたいです!

思えば先月からスティーヴン・タイラーが脱退したとか脱退するとか報道されてました。

ジョー・ペリーもインタビューでそれを肯定するような発言もしてました。


この人達は過去にも分裂した経緯もありましたよね。

復活して栄光を手に入れて、またメンバーのエゴが高まったんでしょうか?

いずれにしろ今回はスティーヴンと他のメンバーの間に深刻な溝が出来ていたのは事実みたいです。

でも4人そろってのエアロスミス復活宣言のビデオメッセージが発表されました。↓
http://www.barks.jp/news/?id=1000058732


ブラッド・ウィットフォードがいないのが気になるけど笑顔いっぱい和気あいあい。(ジョー・ペリーはニヒル)

自分たちのゴタゴタをジョークにする余裕もあり、まずは一安心というところでしょうか。


しかし今や世界のショービジネスでも指折りのセレブになったエアロスミス。

そんな安定した座にいながら、こんな騒動が起こるところがエアロスミスらしいというか・・・たらーっ(汗)

心配したけど今回のゴタゴタは少し嬉しかったりして。たらーっ(汗)

山あり谷ありでその歴史だけで映画になりそうなバンドです。

でもエアロスミスにはロックンロールバンドの危うさ、不安定さ、純粋さを体現し続けてほしい。

それだからこそのバンドマジックを見せ続けてほしいです。

個人的には最近の作品がイマイチだったし、今回の騒動が刺激になって久しぶりに緊張感・スリルあふれる新作を期待します!

ロックス」や「ドロー・ザ・ライン」みたいにねわーい(嬉しい顔)


posted by そら at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。