2010年02月04日

GUNS N' ROSES来日公演に思う

ガンズアンドローゼズが12月に来日してライヴやってたんですね。
ガンズと言えばワタクシの人生観を変えたと言ったら言い過ぎかもしれないけど10代後半からの人生にかなり影響を与えたバンドです。あれから20年以上ず〜っと僕には特別な意味のあるバンドのはずなんですが知りませんでしたたらーっ(汗)

思えばガンズも僕もこの20年でいろいろ変化ありました。
ガンズはアメリカのLA出身の5人組ロックバンドで個性バラバラだけど妙に一体感のある「5人一枚岩」って雰囲気が印象的でした。デビューアルバムが1年かけて全米1位になって間もないくらいに伝説的は初来日公演を実現してます。その来日当時Voのアクセル・ローズが音楽誌のインタビューで「万が一ガンズが解散しても自分はこの5人以外とはバンドは組まない。1人でやるか何もしないかのどちらかだ」と発言してたのを覚えてます。それから見る見るうちにモンスターバンドになってローリングストーンズレッドツェッぺリンに例えられるくらい生ける伝説的な存在になりました。一枚岩だと思ってたメンバーはクビになったり脱退したりでオリジナルメンバーはアクセル・ローズだけになりましたが、まだガンズアンドローゼズという名前のバンドは存在してます。
僕は社会人になって転職も2回経験し、結婚して子供も出来て家を買ってローンを払っています。現実に流されて過ぎていく時間に麻痺して気づいたら昔の友達と会ったり話したりする事も音楽を聴く事も少なくなりました。

それでもガンズの存在は僕の中で常にどこかで引っかかっていて折を見て音楽雑誌やネットで情報をチェックしていました。そして去年、17年ぶりの新作「チャイニーズ・デモクラシー」が発売されて僕も期待と不安を胸に本当に久しぶりに発売日にCDを買いました。聴いた印象は良くも悪くも想像通りでした。僕にとってガンズの魅力は5人のメンバーが綱引きしてその結果転がった方向に生まれる音楽でした。それを人は「バンドマジック」とか「化学反応」とか言うんでしょう。それがいわゆる「ロックンロールのスリル」を生むんだと思っていました。
新作にあったのは「アクセル・ローズの音楽」、それ以上でもそれ以下でもありませんでした。

最近、元リードギタリストのスラッシュがソロアルバム発表するんで雑誌やネットでインタビューや情報チェックしました。ゲストの顔ぶれや選曲を見るとスラッシュはもはや「ギターヒーロー」「ハリウッドセレブ」なんだなと感じました。「スラッシュもセルアウトしてしまったな」と思う一方で「誰もが現実を生きていかなきゃならないんだよな」とおこがましくも自分に照らし合わせて納得したりして...それから僕の中でガンズアンドローゼズの名前を思い出す事はなくなっていきました。

そんな折に今日何気なく書店に立ち寄り久しぶりに音楽雑誌をパラパラ見ると「GUNS N' ROSES来日レポート」の文字が。現在アクセル・ローズ以外どんなメンバーがいるのかもよくわからない状況で何の期待も興奮もなく記事を読んでみたら・・・
震えました。正直、鳥肌が立ちました。
大阪、東京の2か所でのドーム公演、初日の大阪の開演時間は大幅に遅れてなんと夜9時過ぎ、そこからステージが3時間強も繰り広げられて終わった頃には終電がなかった模様なのにほとんど不満が出なかったほどの空前絶後のライブだったようです。
続く東京では逆に6時半過ぎに早々に開演、大阪を上回る3時間半のまたも圧巻のステージだったそうです。
セットリストも相変わらずその場でアクセル・ローズが決めていたようで新作からの曲、代表曲はほぼ全部に加えてかなりレアな選曲もされていたようです。

率直な感想は「変わらないものってあるんだな」って事です。
比べるのはおこがましいけど、僕らは現実に生きてくと周囲や環境は変化していくものだし、それに僕らも対応していかなきゃいけません。
周囲と衝突したり自分を抑えて我慢したりの繰り返しで世間と折り合いをつけていきます。
アクセル・ローズにしたってバンドを取り巻く環境も音楽シーンも常に急速に変化しています。
それでもアクセル・ローズは「変わらないもの」を守るため、求めるために必死にもがいてきたんじゃないでしょうか?

周りに昔なじみのメンバーはいなくなり、ガンズアンドローゼズがモンスターとして君臨してた当時とは音楽シーンのトレンドは全然違うものになりました。
それでもアクセルが求めたのは「ロックンロールのスリル」だったんじゃないでしょうか・・・?

大阪公演では、ライブのセットチェンジの合間の音遊びから即興でAC/DCの「Whole Lotta Rosie」のカバーになだれ込み、そのままフルコーラス演奏してしまったそうです。
もともとこの曲は世界で一番かっこいいロックンロールの1つだと思います。

やっぱりアクセルはロックンロールのスリル、かっこよさをを求め続けてるんじゃないでしょうか。
YOU TUBEに大阪公演の動画がアップされてます。
最高にスリリングな演奏です!!
<

自分の中でも「変わらない何か」を守り続けたい、
そう思った一日でした。
posted by そら at 14:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。